なぜWindows Mobile機を

私は使っているのだろうか? 最近、ふと気付くとそんなことを考えています。
黒苺がやってきてから、通話とE-mail(会社・個人とも)は黒苺が担っています。インターネットブラウザもあります。これが私の中では、とても大きい変化だと思います。
もともとHP200LXからスタートした私のPDAライフですが、スケジュール管理・文書作成だけに使用していた期間は非常に短かったように思います。すぐにモデム+メモリカードを購入し、現@niftyの今は無きフォーラムを巡回したりするようになり、さらにインターネットから簡単に情報が取得でき、かつ、E-mailがなければ仕事もプライベートも困ってしまうような状況になり、ネットに繋がることが必須条件となりました。
テキストブラウザも使いましたが、やはり画像も見れないと不便だなと思ったところから、あれよあれよとPocketPCPalmOSWindows Mobileと自分の欲求とお財布の具合とで突き進んできて現在に至ります。
で、黒苺がやってきてから、他に身につけているものはTreo750とデジカメ兼モデムとして使用している904SH、あるいはid:ebo-cさんからお借りしている910SHです。長い前置きでしたが、ここでこのエントリの御題につながります。
なぜ私はTreo750を肌身離さず持っているのでしょうか?
言い換えると「Treo750でなにをしているのでしょうか?」

  • HP200LX時代から続けているスケジュール管理です。ただし、Windows Mobileの標準の予定表は使いにくい(使えない)ので、ずっと置き換えアプリを使用しています。
  • 文章作成 パソコンが使えない状況では、ブログのエントリから仕事のレポートまで書いてます。
  • 辞書 英和・和英・国語・理化学・・・重要です。
  • 音楽再生
  • GPS
  • 読み物として楽しいので「2ちゃんねる」を専用ビューワで見ています。

こんだけか?と自問しますが、主なものはこれだけだったりします。これって日本のケータイでできないことなのでしょうか?専門辞書を入れることは難しいのかもしれませんが、ネットで検索すれば大体のことはわかりますね。ということは、いろんなアプリを導入して、自分好みにカスタマイズしながら使えること、そして、Treo750が好きだという理由だけで使っているといことがわかり、ちょっと愕然としています。「楽しい」ってのは大事なことだし、「自分の趣味だ」と言っていまえば、そこまでなのですが。しかし、ケータイのほうが断然メジャーなわけで、私好みのアプリがあるかもしれません。食わず嫌いは良くないので、日本のケータイもどのくらい使えるのか?試してみようと思います。試してみて、また考えてみたいと思います。なぜWindows Mobile機を使っているのか?と。

(追記)大事なことを書き忘れました。ケータイを持ち歩いている最大の理由はカメラです。私のブログは「食ったもの」日記でもあるので(そっちがメインかw)、それなりの写真を撮りたいのですが、Windows Mobile機で満足な写真を撮れるマシンにまだ出会っていません。そのため、904SHあるいは910SHが必須なのです。Treo750のカメラがそれなりであれば、こんなことを考えなかったと思います。