小型無線LANアクセスポイントの比較

最近は海外も含めてホテルでは有線LANによるインターネットアクセスが可能になっていて、会社のノートPCはそのままLANポートに差し込めば使えますが、無線LANPDAはそのままでは接続できません。1台で何でもできそうなW-ZERO3を海外に持ち出したときに、Bluetooth(青歯)がないからといって、ノートPCとケーブルで接続して使うってのはスマートでない気がします。ベットで寝モバできませんし(^^; W-ZERO3に青歯があっても会社のノートPC(TP X40)には青歯が内蔵されていないので青歯ドングルを付けないと使用できません。
そこで小型無線LANアクセスポイントの購入を検討しています。検討候補は

  1. モバチキさんのところなどで紹介されているPLANEXのGW-MF54G
  2. id:kzouさんが教えてくれたASUSのWL-330g
  3. id:rgb400さんが教えてくれたLinksysのWRT54GC-JP
名前 サイズ ACアダプタ 重さ 特徴
GW-MF54G 102*70*22mm ?*?*?mm 85g 使っている人が多い?
WL-330g 86*62*17mm 46*35*21mm 62g USBから給電可能
WRT54GC-JP 98*98*25mm 74*46*29mm 140g 4ポートHUB

いろいろ他に持ち物があるから、小さくて、ACアダプタ以外にUSBから給電できるASUSのWL-330gが最有力でしょうか?