東南アジアでがんばってます(^o^)

今年の4月から東南アジア担当になり、もうすぐ3ヶ月が経とうとしています。全部の顧客は訪問できていませんが、主要なところはとりあえずまわれたかなと思っています。挨拶がすんだ程度で、まだまだ、これからですがw

で、考えていた携帯電話の運用法↓ですが・・・試行錯誤どころか、いきなり問題発生w Nokia206に入れていたdocomoのSIMですが、予定どおり着信はSingTelに転送しているので問題ないのですが、結構頻繁に日本語のSMSが飛んでくるんですね(^^; 日本語書けなくても読めれば、読んだ後にiPhone5から返信できますが、日本語を全く理解しないNokia206では豆腐の連続(^^; また、日本滞在中にはSingTelのSIMをどこかに入れないといけないのですが、2G/2GのDual SIMなNokia206は使えないし・・・てなことで、急遽、Xperia E Dual投入となりましたw 電話とSMSしか使わないのでいいのですが、エントリーモデルとは言え、動作は緩慢だし、これがメイン端末だったら発狂しそうですw もうちょっとマシなDual SIM機がないですかね? S40って中文版なら日本語読めるんでしたっけ?

端末は長い道程になりそうですが、本題の各国のプリペイドSIMです。データ通信は一切する気がないので、設定情報などはありません、あしからずw 通信速度なんて関係な〜いのですv(^o^)v

1. フィリピン
空港の手荷物受取場にSMARTのプリペイドSIM自販機があったので、何も考えずに購入w ただし、何で判定しているか?わかりませんが、紙幣を受けつけないんだな、これがw 150ペソだったのですが、何枚の紙幣をトッカエヒッカエしたことかwww そして140ペソまで投入したところで、どうやっても10ペソを受けつけてくれません(^^; しかたなく20ペソを追加して無事購入。10ペソはSMARTに寄付しましたw お釣りなんか出ませんからwww ということで、素直に到着ロビーでお好きなプリペイドSIMを購入されることをおすすめします。
また、回線は都市部も快適ではありませんが、ちょっとはずれるとメタメタw ローミングだと通話できないことも多いです。

2. ベトナム
3月に購入したVietelのプリペイドSIMは、どうやっても端末から電話番号がわからないのと、1日中ベトナム語の宣伝?SMSが飛んでくるのと、いたずらしてmicroSIMにしてしまったのでお蔵入りw で、新たにmobifoneのプリペイドSIMを道端で購入。
ハノイが多いのですが、こちらも回線状況は悪いです。

3. タイ
滞在ホテルそばのファミマで購入。何も言わなかったらDTACのプリペイドSIMを出してきました。同僚がデータ通信は遅いと言うのですが、使わないので無問題www


4. マレーシア
DiGiにしてみました。こちらはまじめで、パスポートがないと購入できませんでしたので、オフィスそばのショッピングモール内のDiGiショップにて購入しました。また、50MYRで1年間番号をキープできるので、コンビニで「50MYR、トップアップしたい」と告げ、レジ端末からレシートといっしょに操作方法・トップアップ番号が印刷されて出てきた紙切れで登録。パッケージ品ではなく、このほうが便利だと思いました。

こんな感じで、空港や機内でSIMを入れ替えしながら、がんばってます(^o^)