運用方法を考える

現在はBBB9790にdocomoのSIMで会社のBES、iPhone4Sに韓国SKTのSIMがメイン端末です。日本ではiPhone4Sb-mobile Fairを入れてデータ通信専用とし、さらにおサイフ専用としてL-04Bもポケットに入れてます。自分としては、かつてないほど落ち着いた運用だったのですが、iPhone4S宛に顧客等から電話がかかってくることが増え、羽田でb-mobileからSKTへSIMを差し替えた途端に不在着信のSMSの嵐になったり、また、SIMに紐付けされたサービスも増えてきたので、運用方法の見直しが必要となりました。
最初はBBB9790で「デザリングすればいいか(^^;」なんて安易に考えていたのですが、BESってAPNを使用した外部接続ではない(この解釈であってます?)ことがわかり、あえなく却下w 黒苺のBESは、ホントにしっかりセキュリティを考えて作ってありますね(^^; しかし、我が社でも日本以外では黒苺離れが進み、iPhoneがすごく増えました。黒苺は管理者からしたら楽なんでしょうけど、使う側からすると制約が多すぎるって感じですかね? 会社のケータイなので、黒苺ともう1台が本来の姿なんでしょうけど(^o^)

で、今回、たまたま台湾出張になったので、トライアルとして久しぶりにモバイルルータmifiを使って、黒苺とぽ4SのSIMはそのままで運用してみました。松山空港到着後、クロネコヤマト横の中華電信のプリペイドSIMを購入し(NT$450/7日)、それをmifiで使用しました。設定はAPNをinternet"にするだけで、ユーザー名もパスワードも必要ありません。あとは黒苺とぽ4SをWi-Fiで接続し、普通にに使うだけ(^o^) mifiという充電が必要な持ち物が1つ増えるだけです(^o^) 難点はmifiのバッテリが4,5時間しか持たないことですかね。予備バッテリを買っておくんだったとちょっと後悔しています。それとぽ4SがマイクロSIMでなければ、mifiのバッテリがなくなったら、SIMの差し替えができるんですけどねぇ・・・ 下駄履かせますか(^o^) また、出張ではホテルで会社のノートPC、黒苺とぽ4Sを使用するために小型の有線ルータも持っていくので、mifiではなく以前レンタルで使用していたBF-01Bみたいにクレードルで有線LANも使えるものがベストかな?と思います。

ということで、次回の帰国時は、b-mobile Fairをチャージしたばっかりなこともあり、下駄を履かせてmifiを使ってみようと思います。残高がなくなったら、L-04Bをおサイフとテザリングができて小型なAndroid端末に機種変ですかね(^o^)