やさしい気持ち

早いもので新潟に単身赴任してから丸2年が経ち、3年目に入りました。実際は半分も新潟にいない気がしますが(^^;
そんな中、最近、新潟から東京へ戻り、東京駅の新幹線の改札から丸の内線のホームに行くまでの間、怖いと感じます。何が怖いかって言うと、みんな我先にと突き進んで来て、誰も道を譲ろうとしないこと。明らかに私の歩調が速いのに、そのまま突き進んで来て、譲ってあげても、「ありがとう」も会釈もなく、当然のように通り過ぎて行くこと。途中に右側通行の場所があり、地面に矢印まで書いてあるのに、関係なく逆走してくる人の多いこと。
20数年前に上京してから人ごみが苦手なのは変わりませんが、怖いと思ったことは無かったはずなのに、最近はなんかみんな余裕が無いと言うか、他の人に気を遣わなくなったような気がします。
もともと口に出して「ありがとう」ってのは言いにくくて、言えても「どうも」か会釈して済ましてしまうことが、私を含めて日本人には多いと思いますが、海外に来るとどの国でも気軽に感謝の言葉が溢れている気がしますし、私もどんな些細なことでも「Thank you」って言ってる気がします。そういう雰囲気ですし、それを心地良いとも感じます。恥ずかしくて「ありがとう」って言えなくても、「ありがとう」の気持ちを、雰囲気を、表に出してほしいと思います。みんな、家族や知り合いに対しては、そんな怖い人ではないと思います。何かをしてもらったときに、感謝の気持ちを忘れないでほしいと思いますし、譲り合う気持ち、余裕をなくさないでほしいと思います。私は小さい人間なので、嫌いな人にはきつく接しますが、見知らぬ人には好き嫌いの感情はありません。やさしい気持ちで人に接すれば、相手もやさしい気持ちになれると思います。そのほうが絶対、楽しいと思います。