Spb Weather 2.0.1

まじめにアプリのレビューをやってみよう第1回です。
記念すべき第1回は、新しくなった「Spb Weather 2.0.1」のインストールからTodayプラグインの設定までです。

私は海外出張などで便利なので「Spb Traveler」を使用していますが、普段は天気予報アプリとしてしか使っていないので、お天気予報アプリ単体の「Spb Weather」で十分だったりします(^^;

「Spb Weather」は高機能天気予報アプリで、かつ、Todayプラグインでもあるので、Windows Mobileの顔であるToday画面に天気予報を表示することができます。
Spb Software Houseから直接でもいいのですが、shareEDGEから15日間試用版をダウンロードしてきました。購入も日本円ですし、サポートも日本語でやりとりできるので安心です。
試用版はcab形式のファイルですので、本体メモリや外部メモリにコピーして起動するだけでインストールが始まります。Todayプラグインでもありますので、デバイス(本体メモリ)へのインストールをお勧めします。

インストールが終わるとToday画面にすでに表示されています。
(追記:2009/03/02)X04HTなどの「TouchFLO 3D」搭載機では設定>Today>「アイテム」タブで「TouchFLO 3D」のチェックをはずさないと、Todayプラグインとしての「Spb Weather」は有効になりません。
このままでも東京の天気を表示させたい人はこのままでも使えますが、いろいろとカスタマイズしてみましょう。
Today画面のSpb Weatherのところをタップするとメニューが開きます。

メニュー>表示>表示モードで「小さく表示」を選択し、

さらに私はメニューバーに日付・時間を表示していますので、メニュー>表示>時間ビューで「時間 無し」を選びました。

これでスッキリ1週間の天気予報が表示され、ここまで十分使用できるのですが・・・

上がSpb Weather、下が常用しているSpb Travelerなのですが、同じ「Tokyo」を表示させているのに、天気予報のデータ日数とデータ自体が異なっています。なぜでしょう?
天気予報のソースが違うからなのです。以前はオリジナルのソースだと予報が全然違っていて「なんじゃこりゃ?」って感じでしたが、今はだいぶTVやネットで見る予報に近くなっています。しかし、shareEDGEのSpb Weatherのページの下のほうにYahoo! Japan 天気情報のピンポイント天気予報からデータを持ってくるソーステンプレート「nextEDGE_yahoo_jp.zip 2008.08.20版 ( Version 3.3 )」がありますので、こちらを使って自宅や会社、行き先などの予報を表示することをお奨めします。
これで、WindowsMobile端末のToday画面でお好みの場所の天気予報が見れるようになります。